トップ > ライフ > ライフ

オランダ国王、B737操縦訓練へ KLM副操縦士として月2回搭乗

2017年5月18日 13:16 発信地:ハーグ/オランダ

このニュースをシェア

オランダ国王、B737操縦訓練へ KLM副操縦士として月2回搭乗
1/3
オランダ・アムステルダム近郊のスキポール空港で、航空会社KLMシティホッパーの旅客機の操縦席から顔を見せるウィレム・アレクサンダー国王。KLMオランダ航空提供(2017年5月16日撮影)。(c)AFP/KLM/Natascha Libbert

【5月18日 AFP】オランダのウィレム・アレクサンダー(Willem-Alexander)国王が、17日の現地紙テレグラフ(De Telegraaf)とのインタビューで、商用旅客機のパートタイム操縦士として勤務していた経歴を明かし、近くボーイング737(Boeing 737)型機の操縦訓練を始めると語った。

 この訓練により、国王はKLMオランダ航空の副操縦士としての月2回の搭乗勤務を継続できることになる。

 KLMオランダ航空では現在、近距離路線用に使用してきた小型ジェット機フォッカー70(Fokker 70)の段階的廃止を進めており、このままでは国王は勤務の継続が難しい状態だった。

 国王はインタビューで「KLMのゲスト操縦士をどうしても続けたかった。それには、737のような近距離用の飛行機を操縦するしかない」と語り、B737より大型の旅客機は日付をまたいで勤務することになるため「緊急事態にオランダに戻れなくなってしまう」と説明した。

 国王によると、B737の操縦訓練は今月中に始まる予定だという。ただ、国王が操縦席に座っていることは機内アナウンスされることはないため、乗客が知る可能性は今後もない見通しだという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>