【4月22日 時事通信社】韓国メディアは21日、福岡県警が約7億円の現金を無申告で国外に持ち出そうとしたとして韓国籍の男4人を逮捕し、現金強奪事件との関連を調べていることを一斉に報じた。特に強奪事件との関連性に高い関心を示した。

 ただ、中央日報(電子版)などは、4人が強奪事件との関連を否定している上、強奪の容疑者2人組と人相が異なり、持っていた現金の額も被害金額を大幅に上回ることから、「(強奪の)真犯人ではない可能性が高くなっている」と伝えた。

 YTNテレビも、4人が「現金は知人の日本人から預かった。強奪とはまったく関係ない」と主張していると報じた。(c)時事通信社